不動産取得税に関して知っておきたいこと

不動産を取得したときには、不動産取得税というものを課せられます。
購入時のタイミングではなく、しばらく後で請求がくるので、お金は残しておくように気をつけたいです。
不動産取得税は、購入だけではなく贈与時にも発生する点は知っておきましょう。
ただ相続をした際には、この税金は発生しません。
なぜなら相続時には相続税が発生するので、税金の二重取りになる可能性があるからです。
また、あまりにも安い不動産を取得した場合には課税されることはありません。
住宅用の不動産なら、税金の軽減措置を受けることができます。
新築住宅で一定の条件を満たした場合も、課税標準額が大幅に減額されます。
一千万円以上の課税標準額の減額が勝ち取れるので、新築物件購入時にも大きな負担にはなりません。
住宅用以外の不動産は、軽減措置が使えない場合もあります。
その場合は、支払うべき税金の額が数十万円になることもあります。
土地や建物をタダでもらう場合にも、いくら払うことになるのかを計算してからもらうようにしましょう。