不動産売買や賃貸契約に必要な仲介手数料

一戸建てやマンション、土地などを購入したり、賃貸で部屋を借りる時には仲介手数料が掛かるのが一般的です。
賃貸の仲介手数料の目安は賃料の約1ヶ月分、不動産を購入した時に必要な仲介手数料は物件価格が400万円以上の場合3%、プラス6万円と決められています。
400万円以下の物件は仲介手数料の上限に違いがあります。
賃貸ならそれほど負担に感じる金額ではありませんが、不動産を購入した場合、仲介手数料が高いと感じる方がほとんどでしょう。
ただ、現在は仲介手数料無料で契約できる物件が増えている状況です。
賃貸では敷金礼金、保証金や仲介手数料が無料の物件をトリプルゼロ物件と言われています。
それほど物件数は多くはありませんが、費用を抑えて部屋探しをするならこのような物件もお勧めです。
また、不動産売買の仲介手数料無料や半額に設定している物件も増えています。
物件を購入される方ではなく、売主から仲介手数料を取る事で買い主は仲介手数料無料で売買できます。