最新投稿

  • 不動産投資は老後の生活資金としてはもっとも最適

    不動産投資である賃貸アパート経営をしていけば、老後の生活資金にすることができます。
    若いうちから不動産投資をしておけば、不動産を購入する資金を銀行から融資を受けてもその返済を定年退職までに完済し終えることも可能なのです。
    その後の不動産投資で得た収入は、まるまる老後の生活資金に充てることができます。
    定年退職後は公的年金だけで暮らしたり、公的年金とアルバイトのような労働収入で生活資金を稼ぐスタイルよりも、不動産投資で得た収入が入ってきた方がより老後の生活が安泰になります。
    公的年金以外にも収入が欲しければ、通常はアルバイトして稼ぐことになります。
    ですが、アルバイトで入ってくる収入はそれほど多くはありません。
    逆に不動産投資をしていれば、毎月安定的に収入が入ってきます。
    賃貸アパート経営で貸している部屋の数にもよりますが、アルバイトよりも稼ぐことができます。
    従って、不動産投資は老後の生活資金としてはもっとも最適だと言えます。

    防音対策しっかりのアパート

    関東で気を感じるログハウスをおつくりしています

    浴室乾燥機取り付けの仕組み

  • ①.不動産

    不動産を取得したときには、不動産取得税というものを課せられます。
    購入時のタイミングではなく、 …